神奈川県立藤沢西高等学校
トップページ学校の紹介→沿革】
神奈川県立藤沢西高等学校 沿革(一部抜粋)

昭和48年 神奈川県教育庁管理部総務室に新設校準備室が設置され本校設置準備始まる。
昭和49年 神奈川県立藤沢西高等学校を藤沢市今田382番地に設立。
開校準備室を神奈川県教育庁管理部総務室から神奈川県立湘南高等学校内に移す。
藤沢市今田の仮設校舎完成し、湘南高等学校から移転。
第1回入学式挙行、4学級180名。
開校記念式典挙行。この日を開校記念日とする。

昭和50年 藤沢市大庭に本校舎東棟(現校舎)完成し、藤沢市今田の仮設校舎から移転。
本校舎西棟完成。

昭和51年 体育館完成。
校舎落成、校歌制定記念式典挙行。

昭和52年 第1回卒業式挙行、4学級183名。
昭和56年 野球・テニスコート等防球ネット完成。
水泳プール(25m、6コース)完成。

昭和57年 中庭造園、グラウンド周辺緑化工事完成。
グラウンド(西側)拡張整備工事完成。

昭和58年 創立10周年記念事業体育館造園工事完成。
創立10周年記念式典挙行。

昭和59年 体育館前緑化工事完成。
平成 2年 学校緑化整備工事完成。
平成 6年 創立20周年記念式典挙行。
平成16年 創立30周年記念式典挙行。
平成22年 新校舎建設に伴う仮設校舎完成。
平成26年 新校舎管理棟完成。